口座開設申込書と手順

 
Step1:住所証明書類を手配する
発行日から30日以内の英文の残高証明書を用意する。
 
Step2:香港のHSBC窓口にて手続き
とくにアポイントメントは必要なし。申込書は銀行側が会話をしながらコンピュータに入力、作成してくれる。
このとき、英語でのコミュニケーションがうまくとれないと、担当者の判断で口座開設を断られるケースもある。
 
Step3:内容を確認し、サインをする
担当者が入力した情報をプリントアウトしてくれるので、内容を確認し、サインをする。
 
Step4:カードやPINを受け取る
口座開設手続き完了後、その場でATMカードやPIN、小切手帳などを受け取る。
※支店や担当者によっては、テレフォンバンキングPINやインターネット用のセキュリティデバイス(パスワード生成機)もその場で発行してくれる。
 
 

口座開設後の手続き①

 
口座の活用に必要な4つのアイテム 
ATMカードは香港ドル当座・普通預金、小切手は香港ドル当座預金で決済される。

総合口座を開設をすると、自動的に以下のアイテムが発行される。

・香港ドル建てATMカード+PIN(6桁の暗証番号)
・香港ドル建て小切手帳
・テレフォンバンキング用PIN
・インターネットバンキング用セキュリティデバイス

ATMカードとPIN、小切手帳は窓口でその場で手にすることができる。テレフォンバンキング用PINおよびセキュリティデバイスがその場で発行されなかった場合は、後日自分で手続をする⇒口座開設後の手続②および③へ。

小切手はすぐに利用が可能。ただし、決済時に当座預金口座に資金がないと不渡りとなり、手数料が発生するので注意。小切手の書き方は「海外送金」【Q-027】参照。
 

窓口で香港ドルを入金する
口座開設手続きが終わったら、自分で入出金窓口に行って入金する。ATMカードを利用するには、香港ドル普通預金か当座預金口座に資金がなければならないので、まずは香港ドル口座に入金するとよい(両替をして入金することも可能)。
 

ATMカード用PINは香港で必ず変更
ATMでの利用には6桁のPIN(暗証番号)が必要。カード用PINの変更は香港内のHSBCのATMでしかできない。帰国する前に忘れずに、PINの変更をしよう(変更していないと、インターネットバンキングの登録に使用できない)。同時に、残高照会でも引き出しでもいいので、先に入金した資金を確認してみよう。

カードは香港ドル普通預金および当座預金にのみリンクしている。いくら円口座に多額の預金があっても、香港ドル口座に預金がないと引き出すことはできない。ATMで現金を引き出したい場合は、事前にインターネットで香港ドル口座の資金を確認し、ない場合には資金を振り替えておく。

日本国内でのカード利用については「海外送金」【Q-044】参照。

tips 電信送金のタイミング
電信送金で入金する場合は、口座番号がわかって、インターネットバンキングが利用できるようになってからにしたい。すぐに着金が確認できるので安心だ。


口座開設後の手続き②

 
テレフォンバンキング用PINの設定および変更を
テレフォンバンキングは英語が苦手な人にとっては利用価値がないように思えるが、インターネットでトラブルが発生した場合など、頼らなければならないこともあるので、手続きはきちんとしておきたい。

窓口でテレフォンバンキング用PINを与えられた場合、そのPINは仮のものなので、初回の利用時に変更を求められる。またHSBC香港のATMでも変更が可能。

窓口で発行されなかった場合は、テレフォンバンキング専用電話に電話をかけて、自分で登録する。その際にATMカードのPINが必要になる。テレフォンバンキングPIN の登録方法はこちらをクリック(実際に利用する際には口座番号も必要)。


口座開設後の手続き③

 
インターネットバンキングのID・パスワード登録
インターネットバンキング用のユーザー名とパスワードは、インターネット上から自分で登録する。その際、口座番号のほか、以下のどちらかのデータを入力する。

・カード用PIN
・テレフォンバンキング用PIN

PINはいずれも、銀行側から与えられたものではなく、自分で変更設定したものでなければならない。
 
[インターネット・ログインに必要な3つのセキュリティデータ]
1. Username:ユーザー名。インターネット上で設定。文字と数字の組合せで8~15文字。
2. Password:ログインパスワード。インターネット上で設定。文字と数字の組合せで8文字。
3. Security Code:セキュリティコード。セキュリティデバイスのボタンを押して、そのときに表示される6桁の数字。
 
なお、口座の残高など、最低限の情報だけにアクセスできる、セキュリティデバイスを使用しないログイン方法もある(利用するには「Second Password」を設定する)。

Step1:ユーザー名とパスワードを登録する
オンライン上でユーザー名とパスワードを登録する。窓口でセキュリティデバイスが発行されていない場合は、IDおよびパスワードを登録した段階で、自動的に発送手続きがとられ、デバイスが発送されると、デバイスを利用したログイン方法に変更される(それまではユーザー名とパスワードのみでログイン可能)。
 
Step2:セキュリティデバイスを登録する
デバイスが届いたら(窓口で発行された場合も同様)、自分のデバイスを登録し、セキュリティコードを有効(Activation)にする。登録するのはセキュリティコードSecurity CodeとシリアルナンバーSerial Number(デバイスの裏に書かれている2桁-7桁-1桁の数字)、さらにパスポート番号のなかから3つの数字を求められる。


本サイトの無断転載・複製を禁じます。リンクはご自由にどうぞ。
Copyright ©1999-2014 Alternative Investment Club.

HSBC Hong Kongのカテゴリー