« 海外のATMでカードを利用するための手続きについて | メイン | 2013年より紙のステイトメント発行に手数料がかかります »

ATMカードがICチップ入りに変わります

 

HSBC香港のATMカードが、徐々にICチップ入りのカードに変わります。

年内は一般口座のみ、来年1月から6月までがアドバンスやスマートバンテージなどの総合口座が対象となっています。

なお、このカード変更に伴い、利用できるATMネットワークが変更になります。利用できるのは、HSBC、ハンセン、UnionPay(銀連)のみで、これまで利用できたPlus/Cirrusのネットワークは利用できません。

日本国内では 引き続き、ゆうちょ銀行およびセブン銀行のATMでの利用が可能です。三井住友銀行、東京三菱UFJ銀行のATMもUnionPayのネットワークに加入していますが、HSBCの新カードが用できるかどうかは未確認です(ご自身で試してみてください)。

 

 

本サイトの無断転載・複製を禁じます。リンクはご自由にどうぞ。
Copyright ©1999-2014 Alternative Investment Club.

About

2012年10月12日 15:10に投稿された情報のページです。

ひとつ前の投稿は「海外のATMでカードを利用するための手続きについて」です。

次の投稿は「2013年より紙のステイトメント発行に手数料がかかります」です。

投稿された情報は内容が古くなっていることがあります。トップページで最新の情報をご確認ください。