« 2012年10月 | メイン | 2013年09月 »

2013年01月 アーカイブ


上位口座「Valet Account」のカード利用について

 
Firstradeの上位口座「Valet Account」(口座残高10万USD以上でアップグレイド可、VISAデビットカードと小切手帳が発行される)で発行されるVISAデビットカードの利用には、以下の2つのステップが必要です(いずれも、Firstradeのカスタマーサポートに自分で電話をかけて行なう手続きです)。

VISAカードに添付されているシールや手紙に書かれている海外からの専用電話番号(+1-215-749-3158)は通話料無料Call Collectですが、オペレーターと直接話をするタイプで、しかも米国東部時間の午前8時~午後8時(日本時間の午後10時~午前10時)までしか利用できません。
 
もうひとつの米国内専用フリーダイヤルの電話番号(+1-866-669-1748)は、Valet 口座専用の電話番号で、自動応答のプッシュホンで番号を入力するタイプ。こちらは24時間対応です。米国外からかけた場合は通話料無料にはなりませんが、英語が苦手な人はこちらを利用するといいでしょう。
また、ステップ2の「カードPINの設定」は、自動応答でしかできませんので、 その意味でも、こちらがお薦めです。  
 
◆Step1【Activate】
カードを有効にする手続きです。この手続きを完了しないとカードは利用できません。
 
<Valet 口座専用電話を利用する場合(有料)> 
※事前にValet 口座番号(10桁)を用意。ログイン画面に表示される口座番号は8桁なので、「E-documents」のタブからE-StatementのPDFを開いて10桁のAccount Numberを確認する。
1) +1-866-669-1748(Valet 口座専用)に電話(24時間OK)
2) 【1】をプッシュ
3) カード番号(16桁)をプッシュ
4) 「Your Valet Account Number」(10桁)をプッシュ
5) 「OK」で終了
 
続いて、カードPINの設定をする場合は、メッセージが流れたら、【4】をプッシュ⇒Step2【Create PIN】の3)へ
 
<オペレーターに電話する場合(無料)>
※事前に小切手を用意
1)  +1-215-749-3158に電話(東部時間で午前8時~午後8時)
2) オペレーターが出るので、カードのActivateをしたい旨を伝える
3) カード番号(16桁)を伝える
4) 「Check(ing)Account Number」を聞かれるので、小切手の下部に並ぶ数字のうち、2ブロック目にある10桁の数字を伝える(最初の9桁はRouting Number)
5) 「OK」で終了
 
自動応答のValet 口座専用電話で聞かれる口座番号「Valet Account Number」と、オペレーターに聞かれる「Check(ing)Account Number」は異なるものです。
 
◆Step2【Create PIN】
カード用の4桁の暗証番号を設定する手続きです。 
 
※事前にValet 口座番号(10桁)を用意。ログイン画面に表示される口座番号は8桁なので、「E-documents」のタブからE-StatementのPDFを開いて10桁のAccount Numberを確認する。
1) +1-866-669-1748(Valet 口座専用・自動応答・有料)に電話(24時間OK)
2) 【4】をプッシュ
3) カード番号(16桁)をプッシュ
4) 「Your Valet Account Number」(10桁)をプッシュ
5) 4桁の暗証番号を入力
6) 入力した暗証番号を読み上げられ、OKならば【1】をプッシュ(違っている場合は【2】をプッシュし、再度入力)
7) 「Accepted」で終了
 
以上、2つの手続きが完了すると、日本のATM(セブン銀行、ゆうちょ銀行など)でも利用(残高照会および引き出し)できるようになりますので、手続き後は必ず確認してください。
なお、ATMでカードの種類を選択する場合は「Check(ing)」を選択してください。 
 
 
 

本サイトの無断転載・複製を禁じます。リンクはご自由にどうぞ。
Copyright ©1999-2014 Alternative Investment Club.

About 2013年01月

2013年01月に「Firstrade最新情報」へ投稿されたすべてのエントリーです。

前のアーカイブは2012年10月です。

次のアーカイブは2013年09月です。

このページに掲載された情報は古くなっている可能性があります。メインページで最新の情報を確認してください。